数学Ⅲ 微分法とその応用

2017年7月10日

1.関数の極限と連続

(1) 関数の連続

2.導関数

(1) 微分可能1

(2) 微分可能2

(3) 導関数の利用

3.接線・法線

(1) 接線の方程式1

(2) 曲率

(3) 接線の方程式2

(4) 接線の方程式3

(5) 接線の方程式4

(6) 共通接線

(7) 平均値の定理1

(8) 平均値の定理2

4.関数の値の変化

(1) 関数の増減

(2) 極値1

(3) 極値2

(4) 曲線の凹凸

(5) 変曲点

(6) 曲線の対称性

(7) グラフ1

(8) グラフ2

(9) グラフ3

(10) グラフ4

(11) グラフ5

(12) グラフ6

5.最大・最小

(1) 最大・最小1

(2) 最大・最小2

(3) 多変数関数の最大最小

(4) 最大・最小3

(5) 最大・最小4

6.方程式への応用

(1) 方程式への応用1

(2) 方程式への応用2

(3) 方程式への応用3

(4) 方程式への応用4

(5) 方程式への応用5

(6) 方程式への応用6

(7) 接線の本数1

(8) 接線の本数2

(9) 方程式への応用7

7.不等式への応用

(1) 不等式への応用1

(2) 不等式への応用2

(3) 不等式への応用3

(4) 不等式への応用4

(5) 不等式への応用5

(6) 不等式への応用6

(7) 不等式への応用7

(8) 不等式への応用8

(9) 不等式への応用9

(10) 不等式への応用10

(11) 数列の収束への応用1

(12) 数列の収束への応用2

ラオウ2