重複組合せ3

2の続きです。

1.(滋賀大)
8個の正の符号+と6個の負の符号-とを,左から順に並べ,符号の変化が5回起こるようにする仕方は全部でいく通りあるか.

2.(早稲田大)
1から19までの整数の集合をSとする.Sの部分集合Aで,次の2つの条件を満たすものを考える.
(a) Aは5個の要素からなる.
(b) Aがどの2つの要素の差も1より大きい.
このようなAは全部で(  )個ある.

関連ブログはこちら
にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 受験ブログへ