軌跡1

2019年10月9日

まずは軌跡とは何かということを理解して下さい。

1.(上智大)
座標平面の2点A(1,1)とB(6,0)が与えられたとき,\angleACB=45°を満たす点Cの軌跡は,中心が(  )で半径が(  )の円の一部と,中心が(  )で半径が(  )の円の一部との和集合になる.

解答

2.(青山学院大)
xy平面上に点A(-\sqrt{3},0), B(\sqrt{3},0)をとる.円x^2+(y-1)^2=4y>0の部分Cの上に点Pをとり,直線APのP方向の延長上に\mbox{BP}=\mbox{PQ}となるように点Q(u,v)をとる.
(1) \angle\mbox{AQB}の大きさを求めよ.
(2) 点PがC上を動くとき,点Qの軌跡を求めよ.

解答

関連ブログはこちら
にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 受験ブログへ