線形計画法7

次は値を求める式が円となる場合です。

1.(横浜国立大)
(x,y)が連立不等式x-3y \geqq -6,~x+2y \geqq 4,~3x+y \leqq 12の表す領域D内を動くとき,
(1) Dを図示せよ.
(2) x^2+y^2の最大値と最小値を求めよ.

2.(大阪教育大)
xyは次の3つの条件を満たす実数とする.
2x-3y \geqq -5,~5x-y \leqq 7,~x+5y \geqq -9
このとき,x^2+y^2-2xの最大値を求めよ.

関連ブログはこちら
にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 受験ブログへ