絶対値積分2

2017年12月21日

1の続きです。絶対値積分の最大・最小の問題です。

1.(愛知教育大)
x>0のとき,f(x)={\displaystyle\int_{x}^{x+1}|\log t|dt}の最大値,最小値があれば求めよ.

2.(奈良女子大)
関数f(x)={\displaystyle\int_{x}^{x+\frac{\pi}{2}}|\sin t|dt}0 \leqq x \leqq \dfrac{3}{2}\piにおける最大値と最小値を求めよ.

3.(早稲田大)
正の実数aに対してf(x)=(2-ax)e^{-a(x-2)}とする.
(1) f(x)の増減を調べ,グラフの概形をかけ.
(2) f(x)を最小にするxの値をpで表す.このときS={\displaystyle\int_{0}^{p}|f(x)|dx}aを用いて表せ.
(3) (2)のSを最小にするaの値を求めよ.

解答

次の2つは中途半端に絶対値がついているタイプです。4は\sin,~\cosの中に絶対値が入っているので本質的には絶対値積分とは異なりますが、ここで扱っておきます。

4.(東北大)
0 \leqq x \leqq \piに対して,関数f(x)f(x)={\displaystyle\int_{0}^{\frac{\pi}{2}}\dfrac{\cos |t-x|}{1+\sin |t-x|}dt}と定める.f(x)0 \leqq x \leqq \piにおける最大値と最小値を求めよ.

5.(東京工業大)
実数xの関数f(x)={\displaystyle\int_{x}^{x+\frac{\pi}{2}}\dfrac{|\sin t|}{1+\sin^2 t}dt}の最大値と最小値を求めよ.

関連ブログはこちら
にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 受験ブログへ