方程式への応用3

2016年10月27日

次の2題をやってみましょう。

1.(大分大)
pは定数でp>0とする.f(x)=x^3-3p^2x+2pについて
(1) 関数f(x)は極値をもつことを示し,その極大値と極小値を求めよ.
(2) 方程式f(x)=0の相異なる実数解の個数を調べよ.

2.(中央大)
aは0でない実数とする.方程式x^3-ax^2-2a^3=0の実数解の個数を求めよ.

関連ブログはこちら
にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 受験ブログへ