正弦定理・余弦定理2

2017年4月13日

正弦定理と余弦定理は公式を覚えるだけでなく、どのような状況のときに使えるかをしっかり理解しておかなければなりません。

1.(早稲田大)
正三角形ABCの内部にある点をPとする.PA=1, PB=2, \angleAPB=120°のとき,PCの長さを求めよ.

2.(広島大)
図のような3辺の長さをもつ三角形ABCがある.
(1) 45^{\circ}<\angle\mbox{B}<60^{\circ}を証明せよ.
(2) \angle\mbox{A}=2\angle\mbox{C}を証明せよ.
(3) 40^{\circ}<\angle\mbox{C}<45^{\circ}を証明せよ.

三角比 正弦定理余弦定理 広島大

3.
\bigtriangleupABCにおいて\dfrac{\sin A}{3}=\dfrac{\sin B}{5}=\dfrac{\sin C}{7}のとき,この三角形の最も大きい角の大きさを求めよ.

関連ブログはこちら
にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 受験ブログへ